フォト
無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月17日 (火)

薔薇は美しい…

空高い秋晴れが長くは続かず、お天気いまいちで嫌になっちゃいますね…ε-( ̄ヘ ̄)
まあガラスをやるには天気は関係ないし
今くらいの気温は工房も快適で(夏場は地獄shock
どんどん創れ~~という感じですが…ね…
少しでも創作意欲を上げようとブログUPをマメにして…という作戦なのですが
……前よりはちょっとは頑張っているよね…sign02(´Д`;≡;´Д`)
 
さて、色んな技法が使えるようになってきたので、
ちょいと薔薇玉で比較してみることにしますflair
 
ずっと定番にしているshine点打ち技法の薔薇shine
Mokko薔薇の完成度はいまいちなんだけど、この写真好きなんだ~heart04
地玉に一番外側の花びらから
細引きガラスで点打ち(白→色つき透明→透明と重ねる)していきます。
正面から見た姿はリアルな薔薇そのもので(横から見ると貧相ですが…)
私の作品の中でも人気が高いですcrown
 
shineインプロージョン技法の薔薇shine
20151117a
いつもの作品はお皿のように潰した透明ガラスに点打ち(ドット)して
お皿の淵から溶け込むガラスの性質を利用して
ドットを立体的に溶かし込む事で制作していますが
実は点打ちを線にすると表現によっては薔薇になるのですshine
インプロージョンと言えば銀化ガラスTag104でしょって事で
薔薇にも使ってみましたが…不思議な雰囲気です(グロいsign02
花びらにどうしても厚みが出てしまうので、リアルさには欠けますね…
 
shineインケース技法の薔薇shine
20151117b最近ドハマりしているインケース技法rock
作り方は先日紹介した通りですが、なかなか素晴らしい薔薇が出来ましたshine
インケース技法の良い所はガラス細工ですから立体的なんですflair
20151117cほらほら~横から見てもリアルな薔薇そのものsign03
花びらをもう少し多く入れたいのですが
作品が大きくなり過ぎてしまうので断念…
私個人的にはこの薔薇が一番好きですが
制作時間がこの中で一番掛るんですね(;´д`)トホホ…
形の整えとクリア掛けが神経使うんです…
 <時間の掛る順>
  インケース>点打ち>インプロージョン
 
今回紹介しませんでしたが、金太郎飴のような薔薇パーツも
よく使われる技法です(創る気力が……_ノフ○ グッタリ)
という訳で、色々な技法で薔薇を作ることが出来るんですgood
色んな薔薇作品もアレンジして出していきたいと思いまーすscissors

2015年11月 4日 (水)

豆あじさんへ納品しました(*^-^)

工房豆あじさんで、今仕入れ雑貨50%OFFをやっていますsign03
セール特需見込んでこりゃ作品出さねばと
せっせと納品しに行きましたが…
あぁ…素敵…安い…(*´ェ`*)
結局沢山買い込んじゃいました(;´Д`A ```
豆あじで売り上げた分は豆あじで消化されてゆく…

さて納品した作品ですdownwardright
 

shineガラス細工の小花のペンダント

20151102a 透かしパーツの下にもチェーンで小花・蕾・葉を繋ぎ、
 ゆらゆらして綺麗ですよ~shine
 
 shineモザイクレースのペンダント
20151102b_3 繊細なレースをクルクル巻いて、
 チェックのような美しい模様になりましたheart04
 
 shine銀耀変のチョーカー
20151102c 銀箔をクリアに混ぜ込んだ、お手製“銀練ガラス”のインプロージョン作品ですflair
 
 shine立体的な花のペンダント
20151102d
20151102e
 先日紹介したインケース技法のお花です
 早速アレンジして納品ですgood
 いろんな角度から見て下さいねnote

以上5作品納品しました(*゚▽゚)ノ
豆あじさん仕入れ雑貨セールは土曜日までやってますので、
お越しの際はてぃぬしずくの作品を見てみて下さいpaper

2015年11月 1日 (日)

インケース技法にハマってます(*^ー゚)b

いつも納品関係の記事ばかりなので、
今日は最近特に頑張っている技法について書きます(◎´∀`)ノ 

ネットや本で見た、ペーパーウェイトやマーブル等、
ガラス細工のようなパーツをクリアガラスで閉じ込める“インケース技法”
この技法のパーツ作成テクニックを取り入れて、
ソフトガラスでも立体的な素敵なお花が作れることを知りましたflair

ネットでフムフム…立ち読みでフムフム………
付け焼刃の知識で試行錯誤しながら、なんとなく納得のゆく形になってきましたcoldsweats01

という事でご紹介shine
20151101aどうでしょうかsign02
本物の咲き掛けのお花みたいでしょsign02
20151101bループがあって見辛いですが、ちゃんと花芯もありますよ~flair
 
開いたお花でも作ってみましたshine
20151101c横から見ても素敵ですよ~shine
20151101d
 
点打ちの花を今まで作っていましたが、
点打ちの場合、外側の花びらからどんどん内側へと重ねていきますが、
その反対、内側から外側へと重ねていくバームクーヘンのような作り方ですgood
 
今まででにも一つだけですが、
工房豆あじさんへ8月下旬にアレンジして納品していますヾ(´ε`*)ゝ
既にお嫁にいってしまいましたが…
安定的に作れるようになってきましたので、
今後インケース技法を取り入れたお花作品を納品していきますねーrock
見掛けた際は、手に取っていろんな角度で見て下さいね(*^m^)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »